胃カメラ・大腸カメラ

日本消化器内視鏡学会専門医による一人ひとりに合わせた高精度な内視鏡検査

内視鏡検査の特徴

経験豊富で実績のある専門医が、スピーディかつ正確な検査を提供

経験豊富で実績のある専門医が、スピーディかつ正確な検査を提供

経験豊富で実績のある日本消化器内視鏡学会の専門医が、胃や大腸などの消化管内視鏡検査を中心に診療を行っています。
レーザー内視鏡は、より細やかな観察が可能で、より微小な病変の発見ができます。
同時に、高画質超音波画像診断装置、デジタルX線装置などを用いて、スピーディかつ正確な検査を行い、がんや病変の早期発見に努めています。

苦痛の少ない検査

苦痛の少ない検査

胃カメラでは、少し戻しそうになる感じ(嘔吐感)であったり、大腸カメラでは腹痛のような感じであったりと、内視鏡検査時の苦痛の感じ方は患者様によって異なります。
当院では、ご要望に応じて、負担を軽くする工夫を加え、できる限り苦痛にならないような内視鏡検査を行います。

選べる経口・経鼻検査

選べる経口・経鼻検査

当院では、経口・経鼻どちらの内視鏡検査も行っているため、ご希望のものをお選びいただけます。

上部内視鏡(胃カメラ)

経口・経鼻どちらでも対応可能です。痛みが苦手な方は、希望すれば鎮痛剤を使用することもできます。

経鼻方式胃カメラ検査

鼻からの検査は、吐き気の原因となる舌根部を圧迫しないので「ゲェッ」とならずに検査をすることができます。
口元が開放されているので会話することも可能です。

鎮静剤を併用した胃カメラ検査

「検査中、眠ったままでいつ終わったかわからなかった」という感覚で受けられるため、痛みが苦手な方におすすめです。

経口胃カメラ検査

一般的な胃カメラ検査の方式です。のどに麻酔は施しますが、「ゲェッ」となりやすいです。検査終了後に休まずに帰れることがメリットです。
慢性胃炎の評価による胃がん検診の役割

院長による講演資料 胃がん発見の為の胃カメラ検査の有用性

大腸カメラ検査

大腸カメラ検査とは

内視鏡により大腸全体を観察する検査です。当院では、患者様にやさしい痛みの少ない検査を行っています。
他院での検査で、痛い思いをされた方や、大腸の検査ができなかったという方は当院をお訪ねください。経験を積んだ内視鏡専門医が対応いたします。

大腸カメラ検査の流れ

  • 検査前日

    朝食・昼食は、繊維質の多い食べ物をお控えください。
    夕食は、水分のみ摂取してください(スープなどは可)。

  • 検査当日

    朝食を抜いてください。1.5~2.0Lの水の下剤を飲んでいただきます。
    腸内がきれいになるまでの時間は2~3時間くらいです。
    ※希望があれば院内でも可能です。

  • 検査

    • 問診のチェック、血圧測定などを行いながら、待機していただきますす。
    • ベッドにご案内します。ここで検査用の着衣に着替えていただきます。
    • 検査室に入ります。ご希望によっては鎮痛剤を静脈注射します。心身ともにリラックスしていただいたところで検査を開始します。
    • 検査が済み、はっきりと目覚めた後に着替えていただき、医師からの報告を兼ねた診察となります。
    • ご希望であれば、胃カメラと大腸カメラを同日に検査が可能です。
大腸がん検診の現況と大腸内視鏡検査

院長による講演資料 大腸カメラ検査の有用性について

お気軽にご予約
お問い合わせください

当院では高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風等の
生活習慣病の検査や治療に
特に重点的に診療を行っています
少しでも心配な方はまずは
ご気軽にご相談ください