低用量ピル・オンラインピル・アフターピル

1シート2,160円(税込2,376円)~

初診からオンライン診療も可能です。

ご自宅に最短翌日にお薬をお届けします。
平日は夜19時まで、土曜日・日曜日も17時まで診療しています。

経口避妊薬(OC)としての活用、生理不順、生理痛などのPMSの緩和目的、
大事な日に生理が来て欲しくない生理日の移動目的としてのオンライン診療も行っております。

外来診療は予約不要ですので、受付時間内にお越しください。

1シートあたり最安プランで2,160円(税込2,376円)で処方しております。
これは都内医療機関やオンライン診療専門クリニックのなかでも、最安値に近い価格ではないでしょうか。
検査体制も万全としております。
オンラインにても対応していますのでどうぞご利用ください。

費用はこちら

オンライン診療「クリニクス」

低用量ピルについて

ピルとは

ご挨拶

経口避妊薬、OC、ピル・・・ いろいろな呼ばれ方をしますが、一般的に「ピル」、または「低用量ピル」といわれています。
欧米に比べて日本では導入が遅かったため、一般的には、まだ少し使用に抵抗感が残っているかもしれません。しかし、今やピルは、女性の生活や仕事、ライフプランをサポートしてくれる「安心・安全な味方」として、世界中の女性に利用されています。

処方前の検査も、一般的な検査の問診と同じ簡単なものです。 必要な時に、お気軽にご利用いただけます。

避妊以外にも、多岐にわたる効果があります

ピルといえば、単に「避妊のためだけのクスリ」というイメージが強いようですが、多くの女性のお悩みを解決する効果が期待できます

  • 月経が不順なので、旅行や仕事のスケジュールが立てにくい
  • 生理痛が重くて、月経量も多い、ちょっとでも軽くなって欲しい
  • 毎月、PMS(月経前症候群)で悩んでいる
  • 何とかしたい、月経前の肌荒れ、大人ニキビ

「深刻なリスク」は高くありません

ピルについては以前から、長く服用すると、発癌率が上がる(子宮がん、子宮頸がん、乳がん)、不妊体質、太る、といった副作用がいわれてきました。
しかし、現在では、低用量ピルについては、いずれも心配は少ないといわれております。

もっとも心配されるのは、血栓症のリスクです。ピルの成分の一つのエストロゲンが、血液を固まりやすくする作用を持つためです。
高血圧や喫煙習慣のある方で35歳以上の場合にリスクは高くなります。
処方前に血圧検査などを行いますので、医師が十分に検討したうえで処方いたします。

副作用について

一部の方に、アレルギー反応や吐き気、頭痛、むくみといった身体症状が、まれにみられることもあります。また、まれに少量の不正出血が見られる場合があります。

服用して数十分で症状がでることもあれば、1~2日後という方もいらっしゃいます。
しかし、不快感のほとんどは、数週間~1か月以内に消失してしまうことがほとんどです。

万が一、症状が重い場合は、直ちに服用を中止し、医師にご相談ください。
ピルの種類を変更するなど、対応させていただきます。

女性のライフデザインのための選択肢です

どちらかというと、ネガティブなイメージで語られることの多いピルですが、医師の指導に従って、使用法をきちんと守って服用すれば、女性が自由なライフデザインを築いてゆくための強い味方になります。

出産をコントロールするだけでなく、月経周期を一定に保つことで、仕事や試験、旅行などを計画的にベストなコンディションで迎えることができます。

海外ではすでに多くの女性が、ピルと上手に付き合うことで、生活をより快適に楽しんでいます。例えば、10代の女の子たちは、ビルによりニキビの悩みから解放され、ストレスのないスクールライフを過ごしています。
むしろ海外では、避妊目的以外で使用されている方が多数を占めています。

生理日調整(月経移動)

ピルで月経の時期をコントロールできます

月経は身体だけでなく、精神状態にも大きく影響することを実感されている女性は多いと思います。

どなたにも、どうしても動かせない大切な予定があると思います。
たとえば受験。月経痛がひどい方にとっては、試験日が生理と重なれば、実力を発揮することができないかもしれません。

ピルを服用することで、受験だけでなく、発表会、スポーツの試合、結婚式、海外旅行、こうした「特別な日」に重ならないよう、生理をコントロールすることができるのです。

遅くとも1~2か月程度前にご来院いただければ、対応できる場合もありますが、身体に無理がないようにコントロールするためには、早めにご来院、ご相談ください。

緊急避妊ピル(アフターピル)

当院では、アフターピルはオンライン診療の対象としていませんので、外来診療にてお越しください。
ご予約は不要です。土曜日・日曜日も17時まで診療しています。

あわてないで! 失敗しても妊娠を回避する方法があります

望まない妊娠を避けるための緊急手段として、緊急避妊ピルの処方をいたします。

コンドームが破れてしまったなど、何らかの理由で避妊が失敗してしまった場合、セックスの後でも、72時間(3日)以内なら妊娠を回避することができるのです。

緊急避妊ピルは、排卵を抑制して受精をさまたげ、また受精卵が着床をしないようする効果があります。
ただし、残念ながら避妊率は100%ではありません。着床してしまった場合には効果がないため、妊娠のリスクが2~3%残ります。

72時間以上経過してしまったら効果がないこと、緊急避妊ピル服用後のセックスについては避妊効果がないことも、ご注意ください。

なお、緊急避妊ピルには、性感染症の防止効果はありませんので、別の対策が必要です。

処方について

アフターピルの処方は問診にて行います。
内診はおこないません。また、膣内洗浄なども行いません。

受診料(2,200円税込)
薬剤料(6,600円税込)
合計:8,800円

薬剤は厚生労働省から緊急避妊薬として唯一認可されているノルレボを取り扱っております。

なるべく早く・・・、でも大丈夫、時間は十分あります

タイムリミットまでは72時間、ということは3日の猶予があるのです。

かりに土曜日に避妊を失敗したとしても、月曜日に服用すれば間に合います。
土日は多くの医院が休診していますし、深夜や祝日に慌ててあいている病院を探す必要はありません。まずは落ち着いて、診療時間内にご来院ください。

服用の効果があったかどうか、妊娠の有無は次の生理が来るまでは正確にはわかりません。
月経予定日から1週間以上遅れている時は、市販の妊娠検査薬を使うか、当院で妊娠反応検査(尿検査)をされることをおすすめします。

お悩み別のピル処方

女性特有のお悩みは多岐にわたっています。
ピルというと「避妊薬」というイメージが先行しますが、実は女性の多岐にわたるお悩みを解決してくれる、役立つ効果がいろいろあるのです。

なんとかしたい「月経のリズム」

「いつ来るかわからないって、ストレス」
「月経周期がバラバラ。なんとかならない?」
「念願のハワイ旅行。月経日をコントロールできないかしら」

ピルには、月経周期を整える作用があります。毎月、規則正しくなり、期間も短くなります。
また、月経周期を整うということは、ホルモンバランスが整っているからです。
おかげで、ニキビや多毛症への効果もあります。お肌の状態も安定してきます。

なんとかしたい「月経のリズム」

「毎月、寝込みたいほどの月経痛で、苦しんでいます」
「出血量が多くて、いつも心配。少なくしたい」

そのような場合は、ピルによって痛みを軽減することができます。
また月経の量が減るために出血が軽減され、貧血でお悩みの場合にも効果が期待できます。
長きにわたる貧血は好ましくないので一度ご相談ください。

避妊したい(緊急避妊の場合も)

ご存じのとおり、毎日、ピルを服用することによって排卵などが抑制、100%に近い避妊効果が得られます。ピルは、女性自ら、自分の意思で選択できる避妊の手段です。

正しく、理解して、正しく使えば、女性のライフ設計の強い味方になります。
ただし性感染症の予防にはなりませんので、そのためにはコンドームを使用してください。

低用量ピルの費用について

ピル外来における診療費は基本的に自由診療となります。
診療費、投薬料は下記の通りです。ご不明な点は、受診時に遠慮なくお尋ねください。

外来の方(来院する方)

 
初診料
※再診料はありません
1,650円(税込)
※アフターピルは不要
1シート2,970円(税込)
トリキュラー、マーベロン
複数シートの場合お得な割引があります
血液検査(尿・採血)3,700円(初診時と半年毎)

オンライン診療

 
初診料
※再診料はありません
1,650円(税込)
※アフターピルは不要
1シート2,970円(税込)
トリキュラー、マーベロン
複数シートの場合お得な割引があります
郵送料550円(税込)

ピルの服薬に問題がないか、なんらかの影響を身体に及ぼしていないか、半年に1度の検査を必ず行ってください。

●複数シートの場合お得な割引●
3シート(5%オフ):1シート2,566円(税込2,822円)
6シート(10%オフ):1シート2,430円(税込2,673円)
12シート(20%オフ):1シート2,160円(税込2,376円)

受診方法

◆ご来院の方
予約制ではありませんので、当院受付時間内にお越しください。

◆オンライン診療の方
下記よりネット予約をお願いします。

オンライン診療「クリニクス」
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓病学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本人間ドック学会

お気軽にご予約
お問い合わせください

当院では高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風等の
生活習慣病の検査や治療に
特に重点的に診療を行っています
少しでも心配な方はまずは
ご気軽にご相談ください